6月1日 アゲハ蝶

アゲハの幼虫がさなぎになる瞬間を写すことが出来ました。幼虫だった皮を脱いで鮮やかな黄緑のさなぎが出てきました。
さなぎになった時に入れるさなぎポケットをつくりました。これだけでは何かわからないと思いますが次をご覧になってください。

アゲハの幼虫からさなぎになったものをすっぽりとくるんで保護しています。 毎年、ミカン、カボス、レモンの葉に黄アゲハやクロアゲハ等のアゲハ類の蝶達が卵を産み付けにやってきます。卵から幼虫になり動き出すと鳥たちが餌として食べに来ます。そうなる前に幼虫たちを集めて蛹になるまで葉っぱを与えながら隔離します。 何匹かは弱って死んでしまう事もありますが、ほとんどの幼虫は無事に蛹になります。今度はそれをそっと取り出してハンドメイドのサナギポケットに入れて洗濯物干しのピンチに挟んで吊るします。その上から洗濯ネットをかけて外敵から守ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です